関東、そして北東北から北海道が揺れていますね

 今日は気になったことを書いておきます。

 なんか最近地震が多すぎやしないでしょうか。

 八丈島近海の群発地震の次は、茨城南部のM5クラス地震が17日と20日で2回、19日には千葉東方沖でM5.2地震と、関東で最大震度4クラスの地震が連発しています。16日に秋田県の内陸でM4.5(最大震度3)が起こり、19日には青森東方沖でM4.4、昨日は岩手沖でM4.7。1カ月ほどさかのぼると、6月16日に内浦湾で最大震度6弱の地震も起きています。このように、最近北東北から北海道でもやや大きめの地震が来ています。

 このペースで全国あちこちでやや大きめの地震が来るのは最近記憶にないことです。特に、南関東(茨城南部と千葉東方沖)と、北東北から南北海道(秋田内陸、青森、岩手、)に多いことから、

 そろそろ関東でM7クラスの地震くるんじゃないかな、なんて思う素人でも考える規模の地震が起こっています。茨城南部でM7クラスなら、深さによっては最大震度も7出るかも知れません。もう一つの千葉東方沖は、伊豆小笠原諸島と連動する危険があります。この場合、津波があるかもしれません。

北海道南部と北東北には、琉球大学の木村教授が2010年±5年として、すでに発生予想時期から7カ月ずれているM8.5の予想震源があります。

 ホームページはこちら

http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/


 ちなみに、木村教授の予想では東日本大震災の震源域を2005年±5年と予想して、予定の3カ月遅れでやってきた例があります。今回は7カ月遅れとなっています。もちろん、このまま来ない可能性もありますが、最近の地震の動きを見ていると、ないと楽観する根拠はありません。

 どちらが先に来るかはわかりませんが、地震について備えておいた方がよさそうです。


 もう一つ、今日は参議院選挙後6営業日連続で上がり続けていた日経平均が下がりました。あと少しで17000円というところだったので惜しいですが、明日以降頑張ってもらいたいと思います。

 それにしても、最近の日経平均は週ごとに上がったり下がったりしていますね。EU離脱前は16日に離脱派優勢で売られるも、その後女性国会議員が死んで残留派勝利を予想する人が増えて順調に上がった後、離脱ショックで暴落して、6営業日連続で微増するも、4営業日連続で数百円単位で下がり、そして選挙が終わってから数百円単位で6営業日上昇したのもひと段落して、今日は売り確定で下がって16681円です。

 となると、次は下がるターンに入ったということでしょうか? わかりませんが、たぶん下がっても微減くらいで済むと思います。ひとまず、任天堂株の過熱が収まった感じがするので、上がったとしても大きく上げることもないでしょう。しばらくは17000円を目指す展開です。

 なに、イタリア? ドイツ銀行破たん? それはもう少し後のお楽しみです。いまは株価があったことを素直に喜びましょう。

 実は天皇の記事のまとめをすでに用意して、さらに4日先まで書いたんですが、天皇の記事が長すぎるので分割するか悩んでいます。


では、また あした

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000