なにが悲しくて『ポケモンGO』でポケモン捕まえるために歩かなくちゃならんのか。そして、やはり時間の無駄だった件について

 何が悲しくて~の第2弾です(シリーズ予定はまったくなかったんですがね)。

 今日から母親と妹が例のごとく例のスマホゲームをやりだしまして、給料日の金を降ろしに行くのと買い物のついでにポケモン捕まえにいくとか母親が言い出して、付き合わされることになった次第です。

 母親は家で4匹捕まえたとか言っていて、外で捕まえたがっていました。

 昼に行ったせいか、ゲームNOW LOADINGとなっていて、しばらく動きません。それで歩いていると、やっと動き出して最初のポケストップとかいう場所の近くでドードーが出現しました。それを捕まえると、なんかアイテムが手に入りました。

 行きはその一匹だけで、その後銀行を回って、買い物をします。帰り道の途中にいくつかポケストップとかいう場所を巡ったのですが、どこにあるのかわからないのです。ポケストップって結局なんなんでしょうね? ポケモンの停留所みたいなところなんでしょうか? 1~2分いてもなにも起こらないことが何度も続いて、もう面倒になってきました。なんか、母親が使い方を理解していないみたいで、本当にただ無駄に歩かされただけでした。

 今日歩いた歩数は7517歩ほどなんですが、疲労感は普通に歩いたときの何倍もありました。徒労感と、買い物の荷物が重いせいでしょう。

 昨日、父親と散歩したときは10997歩歩いたけれど、まったくつかれなかったのとは対照的です。

 やっぱり他人の都合のために歩かされているのがダメなんでしょうね。自分の楽しみのためならいいけれど、他人につきわされるだけではねえ。


 それにしても、あのポケストップとかいう場所はなんなんでしょうね。しばらくいてもなにも起こらないし、ジムとかいう場所はレベル5にならないとなにも起こらないし、はっきりいってクソゲーですよ。

 ポケストップは店舗や神社、寺、そして公園にありますが、この配置にはある意図を感じずにはいられません。店舗は商品を買わせるため、神社や寺は強制的に神や仏を信仰させて、ついでに日本会議主導の改憲署名をさせたり、さい銭箱を豊かにするための策略ではないかと思うわけです。

 これは消費活動と関係があると思います。日本の発表時期は子どもたちが夏休みに入ってからです。でも、子どもたちが家にこもっていると金を使いません。でも、子どもたちが「ポケモン捕まえたい」なんて言えば、親たちも一緒に探しに行くかも知れません。それで外が暑ければ、「アイスでも食べるか?」みたいな話になるわけです。夏休み家でゴロゴロしていれば使わなかったお金をアイス代や電車賃で使ってしまうわけです。

 まあ、子どもに限らずポケモン好きだった親連中や、まったく関係のないブームに踊らされている連中もこういう流れに乗っていくわけです。

 いま日本の消費は横ばいが続いているので、これを盛り上げるために『ポケモンGO』という無料のスマホゲームで人々を外出させて、ポケモンという架空のデータを餌に、神社や寺に賽銭を払うようにし、ついでにポケモンを待つ時間を利用して改憲署名をさせようとしているというのは考えすぎでしょうか?

 たぶんわたしの言っていることは、大体あたっていると思います。「ただほど高いものは内」という格言がありますが、『ポケモンGO』はこの格言を体現しています。

 無料ゲームによって人々の外出を促し、知らず知らずのうちに遠出させること電車賃や暑さのためにドリンクやかき氷などの商品の購入、賽銭の増加、改憲署名を増やすなどの支配階級にとって有利な搾取システムに取り込まれていくというわけです。これによって消費が伸びる一方で、ますます中間層は無駄遣いをさせられて貧しくなり、格差が拡大する。

 健康にいいとか、このブームを悪く言う奴は寂しいやつだみたいな流言が流されていますが、暑い日に外出したら甘いアイスが食べたくなるんだから、減量になるはずがないし、健康だって、熱中症のことを考えたらむしろ危険が高いだけです。

日本でも爆発人気「ポケモンGO」で健康快眠になる人が急増!?

https://news.nifty.com/article/item/neta/12120-18188_1/

 このようになんにもいいことがないのに、「無料だから」という理由で罠にはまっていく。なんと愚かな愚民たちよ!

 断言しますけど、『ポケモンGO』ブームは子どもたちの夏休みが終わる少し前には完全に熱が冷めているでしょう。もともとそれが狙いだからです。つまり、日本人の夏休みの消費を増やすために政官財が一体となって仕掛けたブームなのです。任天堂の狙いは、11月に出るポケモンの新作の売り上げを増やす狙いがあると思います。夏休みから予約が始まっているので、ポケモンの認知度を増やして、売り上げアップを狙っているのでしょう。だから、任天堂の配分がほかの2社と比べて低くても株価が上がるわけです。

 どこまで悪意を持って解釈すればこういう言い方ができるのか、と思うかも知れませんが、わたしははっきりとこの無料ゲームが無駄で、徒労感しかないということを経験しているわけですから、いまから始めようとしている人たちに事前に警告しておきたいと思います。

 そうはいっても、バカは簡単にはまるんでしょうけれどね。

 陰謀論をまじめに考えたい人は、『ポケモンGO』を制作したナイアンテックがGoogleの関連企業で、CIAが情報を集めるためのスパイゲームだとかいう話でも見ていればいいと思います。正直、どうでもいいわ。というか、ブログの読者も飽き飽きしてるんじゃない?

ポケモンGoでスパイでGo!= Googleが作ったスパイアプリ 黄金の金玉を知らないか

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2466.html

 どうもこのごろ不真面目な記事が多いのですが、この世界の愚民どもに私が飽き飽きしてきたのが原因でしょう。


 都知事選も小池百合子とかいう政界渡り鳥が優勢で、二番手が自公組織票の増田で、どちらが勝って、結局自民党が勝ちになりそうなので、もうどうでもいいわ。

 なにが「永遠の与党」だ! たわごとだ。死ね、人員を地獄に突き落とす地獄の使者、自民党め!

 いっそ、投票所にポスストップを臨時に設ければいいんじゃないの? 冗談です。

 もうバカとか付き合いたくない。心の底からそう思います。


 では、明日こそまともな記事を書こうと決意して、

 また あした

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000