小さくなるクジラ(GPIF)と大きな蛇

 参議院選挙の争点化を避けるために先送りされていた年金運用の結果が公表されたようです。


公的年金、運用損5.3兆円=過去3番目の規模、株価下落響く―15年度 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000105-jij-pol

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は29日、2015年度の運用損益が5兆3098億円の赤字に転落したと発表した。

 赤字は5年ぶり。世界的な景気後退懸念を背景とした国内外の株価の下落や円高の進行が響いた。14年に実施した国内外の株式への投資比率引き上げが裏目に出た形だ。

 公的年金の自主運用が始まった01年度以降で見ると、15年度の赤字幅は、リーマン・ショックがあった08年度(9兆3481億円)、07年度(5兆5178億円)に次ぐ3番目の大きさ。年度ベースの収益率はマイナス3.81%と4番目に低い水準だった。

 運用損益の資産別内訳は、国内株が3兆4895億円の赤字、外国株が3兆2451億円の赤字、外国債券が6600億円の赤字。国内債券は2兆94億円の黒字だった。

 15年度の運用損失が響き、01~15年度の累計の運用益は45兆4239億円(14年度末は50兆7338億円)と5年ぶりに縮小。15年度末の運用資産額は134兆7475億円(同137兆4769億円)と4年ぶりに縮小した。

 16年4~6月期の運用損益についても、株価の低迷などで数兆円規模の赤字になったと証券アナリストは試算している。 

……転載終了。

 さて、2015年度(2015年4月から2016年3月)は5兆3098億円の赤字ということになりました。Yahooのコメントではいかにも工作員らしい発言が出ていますが、2001年から2015年度の累計が45兆円なのが事実だとしても、第2次および第3次安倍政権での実績という点でいうと、2012年度の1~3月からで計るべきでしょう。といっても、景気動向をすべて政権の責任に帰することはできませんから、注目すべきは安倍政権になってからGPIFの運用比率が。

 ちなみに、運用比率を変えてからは2014年度の第4四半期は黒字でしたが、2015年度は5兆3098億円の赤字で、2016年度最初の四半期、4~6月期も4兆円ほどの赤字と予想されています。このままだと赤字でしょう。


 問題は、年金の積み立てが減った場合、「想定の利益が出ないなら当然支払いに影響する。給付に耐える状況にない場合は、給付で調整するしかない」と安倍首相が2月15日にすでに言っていることです。

年金給付減額あり得る=GPIF運用悪化なら-衆院予算委・安倍首相 時事通信

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016021500568&g=eco

 安倍政権はすでに年金を70歳からに引き上げることを目指しています。


 こういう事態を見ていると、いまの都知事選で自民党の2候補が争っているのがなんだか別世界のように感じられてしまいますね。


 そういえば、今日外を散歩していたら大きな蛇と遭遇しました。リアル蛇です。とんでもなくしっぽが長くて、1メートル50~2メートルはありました。それが目の前を横切っているのです。ゆっくり動いていたのでまったく怖くはなかったんですが、不思議だとは思いましたね。

 ネットで調べてみると、アオダイショウかシマヘビのどちらかだと思うのですが、どちらかというとシマヘビっぽかったです。毒蛇ではないので死にはしないと思いますが、小動物なら丸呑みしてしまうサイズです(ネット画像を張るか悩んだけれど、蛇を見ていると気持ち悪くなるのでやめました)。

 それにしても川沿いで住宅地のすぐそばにあんなでかい蛇がいるとは、驚きです。今日一番驚いたかもしれません。

 北海道で「ポケモンGO!」の最中に熊と遭遇した人もいるみたいですし(わたしはゲーム関係ありませんが)、夏になると虫や動物も元気になるので、ゲームをやる人はポケモンや電柱や人だけでなく、リアル動物にも注意してほしいと思います。


 では、また あした

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000