占星術から見る安倍晋三という人間

 今回は、安倍晋三がどういう人間なのかを占星術を参考に考えてみたいと思います。

 さて、星占いのためにはまず安倍晋三の生まれたときの星の配置を知る必要があります。

 彼の誕生日である1954年9月21日を以下のサイトに入力して、星の配置をまず確認します。

http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php


 次に、星々が作り出す角度を見ていきます。

 角度には0度、60度、90度、120度、180度があり、誤差5度以内のものだけを抽出していくと以下のようになります。


木星と天王星の0度(誤差1.44度)

太陽と天王星が60度(誤差0.43度)

金星と火星の60度(誤差0.47度)

太陽と木星の60度(誤差2.27度)

火星と土星の60度(誤差5.01度)

木星と海王星の90度(誤差0.23度)

月と水星の90度(誤差1度)

天王星と海王星の90度(2.07度)


 誤差は小さいほど影響が強くなりますので、安倍晋三のアスペクト(角度)はほとんどが2度以内のかなり強い影響のあるアスペクトばかりであることがわかります。

 さて、ではそれぞれの惑星と角度の関係を以下のサイトから該当部分を一部抜粋していきます。

http://tsubobo.com/

 管理人が重要だと思った部分は太字にしてあります。


木星と天王星の0度(誤差1.44度)

シングルチャートで見て吉角ならば、独立精神と楽天的な性格を持ち、個人の自由を尊重する性格です。革新的な考え方に傾倒しがちですが、高度な知識や学術への理解力があります。変化を読み取り、時代感覚に優れ、流行を予測し、新しい事物に対する先見性と予知する能力があります。明るい発展性に恵まれ、会社では昇進しやすいです。新しいアイデアをどんどん持ち込みます。また特殊な研究も得意とします。転職運を持っていると言えるでしょう。人生全体で見れば、ヘッドハンティングを受けて、どんどん収入や条件の良いところへ転職していく可能性があります。ただし、この星並びを持っているからと言って、転職ばかりしていても収入は伸びないでしょうが。また宗教、哲学、神秘学への興味と、その研究による成功も期待できます。財運には予想外の急変もありますが、棚からぼた餅運的に成功したり、援助に恵まれることもあるでしょう。社会事業や公的な共同事業による幸運も期待できます。複数のNPOを主催している人にもこの星並びを持っている人がいました。


太陽と天王星が60度(誤差0.43度)

シングルチャートで見て吉角ならば、オリジナリティがあり、自主独立の精神を持っています。わがままとも言います。またチャンスにも恵まれやすく、棚からぼた餅といった突然の幸運が舞い込むこともあるでしょう。変化の多い人生であることには違いありません。公共の支持を得やすく、革新的な施策や組織作りにも才能があります。実際、私の知っているところでは、NPOを多く設立している人がこの星並びの人でした。公的な助成金などの獲得、人を集める力もあるのでしょう。

 (自分がリーダーでない)組織や体制には依存せずに、どちらかといえば、反抗する精神を持っています。新しいもの好きで、先見の明があり、未知の分野にも果敢に飛び込んでいきます。その場かぎりの状況に振り回されず、大きな視点で自分の可能性を眺望し、計画を立れられます。特殊な能力や専門技術、新時代の先端産業の分野に向いています。


金星と火星の60度(誤差0.47度)

シングルチャートで性格を診ると、吉角ならば、遊び心というか、冒険心に溢れています。スポーツ(管理人注:ゴルフのことかな?)を楽しんでいる人が多いです。芸術の才能もあり、どちらかといえば、生命力の溢れたエネルギッシュな作風となるでしょう。ただ、興奮しやすい面があり、愛や友情に起因した事柄で闘争本能が刺激されやすいでしょう。怒りをすぐに表面に出しますが、鎮めるのも早く、ケンカをした相手に同情してしまう性格なので、敵を作りません。荒々しい感情を教養で洗練させましょう。ビジネス面では、お金儲けに熱心で、一方、使うのも多いです。お金を楽しんで使うことをよく心得ています。情に厚く、人を助けるために出費する面もありますが、人から援助される機会も多そうです。恋愛に関しては惚れっぽく、情熱的で、セクシーな性格です。いわゆる肉食系の人が多いです。恋人のためなら、たとえ火の中、水の中といった感じ。情熱的過ぎて、やや暑苦しいかもしれません。愛への行動力はかなりたくましいのです。華やかで、人を惹きつける雰囲気を持ちます。流行の職業で成功しやすい。

結婚前にもラブアフェアをたくさんしそうですが、この人の場合、それも愛やSEXを楽しむための経験となり、結婚後も豊かな愛情生活が送れるようです。

 単刀直入に言ってしまえば、かなり、SEXが好きな人です。他の女性星(海王星、月)などによって、表面上は奥ゆかしい人に見えるかもしれませんが、この星並びを持っている人は、好き者です。本人も気づいていない可能性がありますが。恋愛対象の人がこの星並びを持っていたら、なるべく早くスキンシップ以上のことをするようにしましょう。その方が恋愛が盛り上がります。男性同士、女性同士の恋愛でも同じことが言えます。悪い意味でなく、良い意味で肉体で恋愛を熱くできる人なのです。


太陽と木星の60度(誤差2.27度)

シングルチャートで、この木星と太陽が吉角ならば、陽気で、寛容で、礼儀正しく、善良で、健全な向上心も持っています。時間はかかるかもしれませんが、有名になったり、社会的信用を得て、裕福となるでしょう。未経験の環境に飛び込んでいっても、成功しやすい恵まれた星並びです。精神的余裕をもって人生を楽しむタイプで、仕事を通して社会に貢献しようとします。文化教養や、趣味、道楽の分野、教育産業、出版・広報、医師、弁護士、貿易商など、さまざまな分野で成功を収める可能性があります。概して、商売がとても上手です。しかし素朴でシンプルな生活を好み、奢ることがないので、支出が収入を上回る心配がなく、自然と蓄財ができます。官公庁や大企業など、社会の第一線の陽の当たる場所との関わりに恵まれることでしょう。

 

火星と土星の60度(誤差5.01度)

火星と土星が吉角ならば、活力や行動力を抑制する傾向が強いようですが、かなりの忍耐力と不屈の精神力を持ち、老いても盛んなバイタリティの持ち主です。意志をうまくコントロールして目的を実現します。割り切りの良さもあります。長い期間の準備や努力を必要とする難事業もひるむことなく遂行します。運命的には試練の多い境遇になりがちですが、困難を耐え抜く力は十分にあり、むしろ地道であるほど底力を発揮します。父親や夫などが頼りにならないため、自力で生計を立てようとします。用意周到で堅実な打算を持ち、持久戦に耐え抜いて自分の野心を遂げるでしょう。

火星はスポーツや健康を司りますが、土星は堅実さ、発達の遅さ、ブレーキを意味します。ですから、火星と土星が吉角の人は、本来的には健康維持を得意します。その理由となるのが、学生時代に危機的な病気であったりします。つまり、若いうちに苦い健康上の経験をしたために、その後、健康に気を遣うようになり、結果的に健康体を保つということになります。また、土星の辛抱の力も加わり、持久力の必要なスポーツには能力を発揮します。中年以降になっても、メタボにはなりにくくなります。言ってみれば、スポーツ・健康面で大器晩成なのです。ですから、火星と土星が吉角の人(60度、120度)は、小中学生時代に運動が苦手でコンプレックスを大人になっても持っている方が結構います。体育の時間や運動会が大嫌いだったという人が多いですね。(他の星とのアスペクトも関わるので絶対とは言い切れませんが。)その一方で、土星は“耐える”ことを意味しているので、マラソンや水泳など、耐久力、持久力を必要とするスポーツは学生の頃から得意だったという人もいるのではないでしょうか。鉄棒にいつまでぶらさがっていられるかという競争などには、優勝したという記憶があったりして・・・。病気や学生時代のコンプレックスが、大人になってからの健康に気を遣う性質を育てるのです。


木星と海王星の90度(誤差0.23度)

シングルチャートで、木星と海王星が吉角を形成すると、子供の頃から、特別にひいきされたり、実力以上に評価され、“えっ? なんで私が選ばれたの?”みたいな経験をしていることでしょう。選抜運、飛躍運を持っているのです。学級委員、生徒会長、キャプテンのような役職、成績の急上昇なんかも学生時代に経験しているかもしれません。一方で、他人から見れば、“なんで、あいつが?”みたいな妬み、嫉妬を受けることもよくあります。博愛主義的、人道的、理想主義的な人生観を持ちます。幸福なビジョンを持ち、神秘主義的な芸術を好み、詩人や画家としての素質もあります。財運に関しては理想的な状態を保てます。感情が膨らむということで、陽気な人が多いです。めげない人ですね。ただし、無神経さ、図々しさもあるので、周囲の人にとってはうざいところもあるでしょう。

シングルチャートで、凶角を形成すると、幼い頃からお金に苦労していることもあります。(ただ他に財運に強いアスペクトを持っていると、そうとも限りませんが。)また高校生ぐらいまでの間に家族が欠けてしまう経験をしている人が結構います。欠けるというのは、必ずしも亡くなるという意味ではありません。家を出ていくとか。家族と疎遠になりやすい運気を持っているのです。お父さんが単身赴任をしていて、家にあまりいなかったとか、すれ違いが多く、あまり顔を合わせなかっとか。もしくは引っ越しが多かったとか。特に凶角でも180度や誤差の少ないなどの強いものになると、かなり確率が高くなります。

感情(海王星)が縮小する(木星凶角)という意味があり、人生の中で疎外感に心を覆われる時期が何度も訪れやすい人となります。ひとりぼっち感と言った方が分かりやすいでしょうか。でも、この星並びを持つ人はひとりが平気というか、ひとりの時間を好む傾向があります。つまり、この星並びを持つ人は自分から、独りになってしまうような道、仕事や財産のために家族と離れてしまうことを簡単に選んでしまうことがあるようです。また財運に関しては失望が多いようです。非現実的な理想を持ちやすく、具体性に欠けた計画や根拠のない信頼から人生を混乱に導きがちです。外部からの影響を異常に感じやすく、迷信深さとだまされやすさもあります。何事も曖昧にする性格から誤解を招きがちです。そのため世間の信用を薄くしやすいでしょう。理想への想いや人のよさが人生を良い方向へ導くかどうかは、本人がどのくらい実現に向けて意識的に生きるかにかかっています。

 この木星と海王星の生まれた時のアスペクトで、90度の人は、吉角と凶角の両方の面が出ることが多いです。家族と疎遠になりやすい一方で、飛躍運と選抜運を持っていたりしますね。90度の人は両方を読んで下さいね。


月と水星の90度(誤差1度)

シングルチャートで凶角を形成していたならば、その頭の回転の速さが裏目、悪く出るとイメージしてください。

 つまり、気が変わりやすく、落ち着きが無い。神経質・神経症的なところがあるかもしれません。人や自分の気持ちを傷つけるような言動をしやすく、特に女性から不評を買いやすい傾向があります。軽率さもあり、人からのコミュニケーション、つまり悪口や陰口にも悩まされることになるかも。対人交渉は上手くなく、友人関係も長続きしないでしょう。

この凶角の星並びの男性は、頭の良い年下の人との結婚を望んでいるようですが、神経質で落ち着きのない人を選ばないように注意しましょう。つまらぬことで絶えず言い争いが起こるか、退屈な結婚生活を送ることとなるでしょう。

夫がもし、この凶角の星並びを持っていたら、几帳面で口やかましいことでしょう。移り気なため、妻の批判を受けることとなるでしょう。


天王星と海王星の90度(2.07度)

シングルチャートで凶角ならば、精神的混乱を招くような奇妙な空想癖を持ちます。情緒不安定で落ち着きがなく、迷いと不安によって、前に進むことを拒むことでしょう。意識と無意識が無秩序にまざりあった状態に独特の喜びを感じ、平凡なことを続けると飽きてしまう。


 (ここから管理人)以上が安倍晋三が生まれたときの主要な惑星同士が作り出すメジャーアスペクト(0度、60度、90度、120度、180度)で誤差5度以内のものの解説でした。120度と180度には主要な星同士の角度がありませんでした。

 まとめると、安倍晋三という人物は、全体的に、木星の強い幸運と天王星の棚ぼた運に恵まれていることがわかります。

 天王星と太陽および木星との誤差が1度以内で0度を形成していることから、非常に強い棚ぼた運を持っています。木星と海王星の90度も抜擢運なので、トリプルの棚ぼた運の持ち主です。総理大臣に復活できたのがこの幸運のおかげといえるでしょう。

 また、時代を読む力や先見性があり、実際ネトウヨの台頭や世界の民族主義の台頭をいち早く政治に取り込んでいました。加えて火星と金星が60度(誤差1度以内)を形成しておりエネルギッシュであるけれども、火星と土星の関係から、抑制的で忍耐強さも持っています。出世する運を持っています。

 ここまでを一言でいうと、安倍晋三という人物は生まれながらにして出世することが約束されている人物だということになりそうです。確かに、岸信介の孫として生まれた時点で社会的地位の観点からしてかなりの幸運でしょう。

 性格面では、冒険心や遊び心があり、陽気で、人に好かれそうな性格をしています。ただし、情緒不安で落ち着きのないところもあり、それが思想的な対立と相まって野党側に嫌われる原因となっていそうです。

 ただ、この配置を見るだけでは、安倍晋三がなぜいまのようにルールを無視する無法者になってしまったのかはわかりません。生まれたときはそれほどではなかったのが、政治という汚い場所に入って悪いところが増幅されたのだと考えられます。特に、最初の政権を失ったときの経験が悪いほうに出てしまったと思われます。マスコミのバッシングがひどかったので、マスコミを支配しようと思ったのではないでしょうか?

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000