日銀の総括的検証は市場迎合の不可能な約束と専門用語に満ちていた

 はじめに、日銀会合の結果を一言でまとめると、総括的検証は行われず、緩和の枠組みを変えるふりをして金融引き締めに転じたものの、なんの効果もないというこものでした。

 具体的には、長短金利差の拡大を目的とした量的・質的金融緩和の導入を決めました。え、なにを言っているかさっぱりわからないって? まずは記事を読んでみましょう。


日銀、政策枠組みを大幅修正 マイナス金利・長期金利が操作対象

http://jp.reuters.com/article/boj-policy-idJPKCN11R0CC

[東京 21日 ロイター] - 日銀は、20─21日の金融政策決定会合で、金融市場調節目標をこれまでのマネタリーベースから利回り曲線(イールドカーブ)に変更する金融政策の枠組みの大幅な修正を決定した。短期金利の操作対象となるマイナス金利幅は現行の0.1%を今回は維持する一方、新たに長期金利(10年国債金利)がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買い入れを行う。長期国債の買い入れは、保有額が年間80兆円程度増加する現行ペースをめどとする。

金融政策運営の枠組みの量から金利への変更に伴い、これまでのマネタリーベースを年間80兆円増加させる目標を撤回した。もっとも、目標とする物価が実績として2%を超えるまで「マネタリーベースの拡大方針を継続する」との新たなコミットメントを導入。「あと1年強でマネタリーベースの対名目GDP(国内総生産)比率は100%(約500兆円)を超える見込み」と明記した。

新たな枠組みは「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」で、金融市場調節目標は短期金利と長期金利が対象になる。短期金利については、今回はマイナス金利幅を現行の0.1%に維持したが、長期金利は「10年物国債金利がおおむね現状程度(ゼロ%程度)で推移するよう、長期国債の買い入れを行う」。

国債買い入れ額は保有額が年間約80兆円増加する現行ペースをめどとするが、長期金利をゼロ%程度に維持する方針の下、買入額は変動する可能性がある。今後、必要な場合は、マイナス金利のさらなる深掘りとともに、 長期金利の操作目標を引き下げる追加緩和手段が軸になる。従来の資産買い入れやマネタリーベースの拡大も追加緩和手段として排除していない。

超短期金利を操作するため、新たな金融調節手段(オペレーション)の導入も決めた。具体的には、日銀が指定する利回りで国債を買い入れる指値オペのほか、固定金利による資金供給オペの期間を現行の1年から10年に大幅に拡大する。

……転載終わり


 全体的に難しいですが、わかるところから押さえていきましょう。

 まず、日銀は金融緩和を継続するつもりだということがわかります。それに反応して21日の株価は最終的に315円上昇し、16800円代を回復しました。

 しかし、その後元に戻りました。株高と同時に円も一時1円ほど円安になりましたが、すぐに戻りました。金利も一時的にプラス転換したものの、すぐもとに戻りました。夜間の日経先物を見ると、上がった株価がすでに下がり始めています。つまり、今回の会合は一時的に株価や金利や為替に影響を与えたものの、半日もたたないうちに元に戻ってしまった、つまり、効果がなかったということを表していると考えるしかありません。

 日銀はなにもしていないけれど、なにかしたように見えるように投資家や政権に配慮した。これが今回の総括的検証の中身です。東洋経済が日銀の胡散臭い口約束を指摘しています。

黒田総裁は実現不可能な「口約束」をしている 東洋経済

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00137058-toyo-bus_all

 今回、決定された「10年以上の金利引き上げ」は、実質、金融引き締めである。ただし、引き済めととられると、円高が進行するので、量的緩和の維持を表明し、必要ならば拡大すると表明している。つまり、今回の発表内容は、金融引き締めと金融緩和の「いいとこどり」を狙っている。

 金利上昇を望む金融機関や年金基金に対しては、「長期金利を上げる」と、金融引き済めの絵を見せた。一方で、金融緩和を続け、円高を防ぎたいと思う産業界に対しては、強力な量的緩和をいつまでも続け、さらに強化する用意があるとの絵を見せた。

 今日のマーケットはその両方を信用した。ただし、私は、金融引き締めと緩和強化は両立しないと考える。2つのことが実現不可能になるだろう。

……引用終わり

 要するに、市場受けしそうなことを言ってごまかしているということです。総括的検証で難しい言葉が出てくるのも、いかにも何かやっているように見せかけるための詐術にすぎません。中身はなにもないのです。金融関係者でさえわかりづらいという声が上がっています。わたしも同感です。ちょっと金融をかじっている管理人にもよくわかりません。


わかりづらさが増した? 日銀の新たな措置に金融業界は

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010702211000.html

 為替市場の分析などを行う瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、会合の結果について、「わかりやすさが信条だった黒田総裁の異次元緩和が、少しずつわかりにくくなっていたが、今回、さらにわかりづらさが増したような印象を受けた。いろいろな手段を使わなければ金融緩和を続けられないと、日銀が追い詰められているようにも感じる」と話していました。

……引用終わり


 以前、マイナス金利が銀行収益を悪化させて、大のリーマンショックの原因になりかねないことを指摘しました。

https://ninjinchuihou.amebaownd.com/posts/1321249

 日銀の判断はこの悪影響に配慮したようです。少し前までは10年物国債の金利がマイナスでしたが、今回の会合では長期金利をゼロ%程度になるようイールドカーブを修正することで、長期金利だけ利上げしようとしています。これは確かに、これまでの政策とは違います。それはマイナス金利の深堀と真逆の政策です。つまり、金融緩和ではなく、金融引き締めに転じていることを表しています。それなのに、国債の買い取り額は80兆円を維持するのですから、どうやって利上げするつもりなのか、方針がまったく示されていません。

 利上げを受けて銀行株が上がっていることから、以前私がマイナス金利で生じる銀行の収益悪化の不安がやや改善されたように見えますが、すぐに金利は元に戻りましたから、この決定は何の意味もないのです。

 とにかく、マイナス金利の深堀をしなかったことは、銀行経営にとって朗報だということは確かですが、日銀の発表後、しばらくして戻ったことから、日銀が市場の信用を失っていると考えるべきなのかもしれません。

 細かく見ても、金融引き締めで長期金利をあげるつもりなのに、いかにも質的量的金融緩和を進めているように見せかけるために、色々なことが書かれているだけで、大した内容ではありません。

 市場は評価しているらしいですが、「総括的な検証」をするといった割には責任逃れをするために目標を撤廃して曖昧にし、長期金利を引き上げて金融引き締めに動いているような印象を受けます。目立たないように利下げではなく、利上げへの方向性が打ち出されています。日銀は相変わらず株を買い、国債を買い、政権の支持率アップにつなげる。今回の会合ではっきりしたことは、総括して見直すタイミングは政策が破たんするまで来ないということです。いわゆる出口政策を本格的に検証していないように感じます。

 物価上昇率2パーセント、名目GDP3%成長が実現できていない以上、金融引き締めは選ばないわけですが、今回は銀行に配慮しつつ、投資家にも配慮して、なんとか株価を維持するような決定をしたということでしょう。市場の高評価はわかりますが問題が先送りされたにすぎません。総括的検証をすると言ったのにしなかった、あるいは意見がまとまらなかったということが今回の決定からわかります。緩和政策の進め方を変えて対処しようとする今回のやり方からは、以前書いたように「金融政策は限界なのではないか」という印象を日銀とECBからは感じずにはいられません。

 利下げ深堀による銀行収益悪化からくる株の下落が避けられて一安心という以外、株価が上がった理由は思いつきません。評価すべき点は見当たらないとわたしは考えています。何もなければ株価も金曜日には元に戻るでしょう。

 日銀の文章が長くなりすぎたので、先に更新します。

 後で、FRBのFOMCの結果についてまとめる予定です。ほかに書きたい記事もあるのですが、それはFOMCで利上げがなく、市場が大きく動かなければということにしたいと思います。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000