アメリカ大統領選挙の行方~支持率低下でもヒラリーの勝率が高い大統領選挙の仕組み~

 これまでは女性差別発言などもあってトランプよりもヒラリーが圧倒的に有利な状況(だと報道しているメディアが多数)でしたが、ヒラリークリントンのメール問題をFBIが再調査することが決まってから、ヒラリーの支持率とトランプの支持率が接近しています。


【米大統領選】トランプが最後の追い上げで大統領に? ヒラリーと1%差に迫る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010002-bfj-int

 米大統領選の共和党候補者トランプ氏が、民主党候補クリントン氏を猛追している。米大手紙ワシントンポストとABCテレビが10月30日に発表した民間世論調査によると、トランプ氏の支持率は45%で、クリントン氏(46%)に1%差にまで迫った。【BuzzFeed Japan / 鈴木貫太郎】

 2人の支持率は、10月23日の段階で12%開いていた。しかし、トランプ氏が6日間で猛追。投開票日の11月8日にトランプ氏が逆転する可能性も見えてきた。

トランプ氏が急追している要因の一つが、クリントン氏の私用メール問題だ。FBIが再捜査することを明らかにした。

……引用終わり


 しかし、支持率が接近してもアメリカ大統領選挙は必ずしも支持率が高い候補者が勝つわけではありません。アメリカ大統領選挙本戦では、まず有権者が各州ごとに代議員を選び、代議員がその人の所属する党の候補者に投票して、代議員の過半数を得た候補者が大統領に選ばれます。

 そして、アメリカ全50州は、大きく民主党が強い地域と、共和党が強い地域と、両方が競合している地域の3つに分けられます。

 同記事のオ―サーコメントによれば、「大統領になるには270人の選挙人を獲得する必要があるが、過去6回の大統領選ですべて民主党が勝った州(19州)の選挙人を足すと242人となり、共和党は102人(13州)。この時点で、民主党候補は28人の選挙人を獲得すれば勝つことになる。」そうですから、圧倒的に民主党が有利なわけです。

 なぜ民主党が圧倒的に有利な選挙なのかというと、これは人口動態の問題で、アメリカは移民で成り立っている国ですが、白人よりも黄色人や黒人の方が出生率が高いので、いまは最最も人口が多い白人ですが、近い未来には少数派に転落するとされています。

 ドナルド・トランプを支持している人たちは基本的には白人たちで、メキシコとの国境に壁を作って喜ぶのも白人たち。そして、共和党の支持層も白人がメインです。

 つまり、時間が立てばたつほどに、大統領選挙では民主党がますます有利になり、共和党は不利になっていくのです。

 そもそも共和党は人口動態で圧倒的に不利なため、支持率が逆転したところで勝てるとは限らないのです。4つの統計調査を利用した結果、つぎのようなことがわかっています。現代ビジネスからです。


最新予測!トランプ「大逆転」の可能性はこのぐらいの確率 

まさかのハプニングは本当にないか?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50087?page=2

 要するに、クリントン氏が盤石と思われる州をトランプ氏が奪い取って、さらに接戦5州をすべてトランプ氏が勝利するという、奇跡的な状況でないと、トランプ氏の勝利はないわけだ。それには、トランプ氏はさらに2%を超える投票率の上乗せが必要というわけだ。

……引用終わり


 ですから、激戦州のうち大票田であるフロリダで仮にトランプが勝利しても、それだけではトランプ大統領誕生はありえないということです。

米大統領選、トランプ氏がクリントン氏に肉薄 フロリダでは逆転

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000000-jij_afp-int

 【AFP=時事】米大統領選を9日後に控えた30日に公表された世論調査で、共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)が民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏(69)を急速に追い上げていることが分かった。激戦州の一つフロリダ(Florida)州では、トランプ氏の支持率がクリントン氏を逆転した。クリントン氏をめぐっては米連邦捜査局(FBI)が国務長官在任中に公務で私用メールを使った問題の捜査を再開し、波紋が広がっている。

 米ABCニュース(ABC News)と米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)による最新の共同世論調査では、候補4人を対象とした支持率でクリントン氏の46%に対してトランプ氏45%と、クリントン氏のリードがわずか1ポイントにまで縮まった。

 またトランプ氏が大統領選を制するには絶対に負けられない州であるフロリダ州では、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)とシエナ大学研究所(Siena College Research Institute)の共同世論調査でトランプ氏の支持率が46%と、クリントン氏の42%を上回った。前回はクリントン氏が1ポイントリードしていた。

 トランプ氏は「われわれは多くの世論調査でリードしている。しかも、多くは(クリントン氏に対する)犯罪捜査が発表された金曜日(28日)に先立って実施されたものだ」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 一方のクリントン氏は30日、フロリダ州で支持拡大に向けて2日目の遊説を実施。前日にはマイアミ(Miami)で、私用メール問題をめぐり疑いのある新たなメールが見つかったとしてFBIが調査を再開したことに「非常に迷惑だ」と反発している。

 米政治情報サイト「リアルクリア・ポリティクス(RealClearPolitics)」による全米を対象とした最新の世論調査では、クリントン氏の支持率がトランプ氏を平均3.4ポイントリードしている。

……転載終わり

 ただし、いくつか注意すべき点があります。まず、これらの調査はメール問題の前に行われたものだということです。実はそれ以前からトランプの支持率は上がっていました。それは女性スキャンダルが忘れ去られ始めたころにはすでにトランプの支持率が回復し始めていたことからも明らかです。メール問題が出てくれば、最終回逆転サヨナラは十分あり得るとわたしは見ています。なにしろ、投票日までまだ1週間あるのですから。

 もう一つの注意点は、今回は民主党をいつも支持している人がトランプに期待したり、共和党の特権階級がヒラリーに入れたりと必ずしも民主党支持者がそのまま民主党に投票し、共和党支持者がそのまま共和党候補に入れる状況ではないということです。

 アメリカで二大政党制が崩壊しつつある中、仮にサンダース支持者が投票を棄権すれば、民主党の支持基盤はがたがたになり、トランプが圧勝する可能性は飛躍的に高まります。それはすでに現実のものになりつつあるのです。次の記事を見てください。


アメリカ大統領選は若年層が投票離れ

2人の候補者に幻滅

http://toyokeizai.net/articles/-/142040

 [ボストン 24日 ロイター] - 11月の米大統領選に関するロイター/イプソスの世論調査によると、投票に「必ず行く」、もしくは「たぶん行く」と答えた18─34歳の有権者は約52.2%で、2012年の同56.1%を下回った。

 候補者同士の非難合戦の様相を呈している今回の選挙が若年層を幻滅させ、投票という民主主義のプロセスに背を向ける結果につながっている。

 若年層は支持政党にかかわらず、今回の選挙で不満をあらわにしている。民主党では、予備選でヒラリー・クリントン氏に敗北したバーニー・サンダース上院議員が若者の熱心な支持を受けた。共和党では、ドナルド・トランプ氏の女性やマイノリティー、移民に対する発言を投票しない理由に挙げる一部有権者もいる。

 24日に18歳になったニューヨーク在住のブランドン・エプスタインさんは今年初め、サンダース氏に人生初の一票を投じようと考えていた。だが今、11月8日の投票には行かない考えだ。

……引用終わり


 大統領選挙はあれだけ注目されながら、二大政党の支持者が互いに棄権し合って、低投票率になるでしょう。それでもアメリカの属国である日本は、次の大統領に従うほかありません。ならば、最悪ではないほうを選ぶほかありません。

 当ブログはトランプが勝つ方に賭けたいと思います。

 つまり、昨日書いた小池総理の狙いは破綻するということです。シナリオはあっても、その通りにはいかないでしょう。そもそも、小池百合子は橋下と違って長期的に人気を維持できるほどキャラが立っているわけではありません。だから、コスプレで人気取りということなのです。加えて、いま世界的に女性トップにスキャンダルが発生していて、朴槿恵もヒラリーも窮地に立たされています。

 確かにトランプは人格的にはどうしても好きになれません。朝日の調査では、トランプの支持率はわずか4%だったので、多くの日本人はわたしと同じ意見なのでしょう。

 それでも、ヒラリー大統領ならば第三次世界大戦が起こりかねないうえ、彼女は小児性愛者で、少女を性的に虐待していたことが暴露されていて、とてもじゃないけれど大統領にはなってほしくないと思っています。


ヒラリーが関与してきた極悪犯罪が明らかに!

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51995949.html

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000