悪いことをしたら罰を受ける当たり前の世界がやってきた

 いま、わたしは少しばかり悲しくて、しかしそれを上回るほどに大きな喜びを感じています。

 実は今日、駐車違反をして罰金を支払うことになったのですが、非常に新鮮な出来事でした。というのも、わたしはこれまでそうした違反を犯したことがなかったからです。

 最近わたしは車の運転面で注意しようと意識していて、制限速度を守ったり、ブレーキやアクセルのかけ方も丁寧にして、万一にも人を引いてしまうことがないように注意しているさなかに起こりました。これは警告だと受け取るべきでしょう。「運転のほかにも直すべき点はあるぞ」と教えてくれたのだと思います。

 しかし、違反をすると罰金を支払うことになります。最初は悲しくなりましたが、最近の出来事を思い出すと、これはこれからやってくるよき知らせの前触れだと素直に受け入れられたのです。

 たとえばいま朴槿恵の友人が訴えられて支持率が韓国の首都圏では1桁にまで低下しています。

(朝鮮日報日本語版) 朴大統領の支持率10.4%、首都圏では1桁にまで下落

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00001839-chosun-kr

韓国機密漏えい 崔順実氏の調べ続く、2日にも逮捕状請求へ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161101-00000586-fnn-int


 これはつまり、悪いことをしたやつは罰せられるということです。ヒラリークリントンも機密メールの流出、そこに書かれていた悪いことがウィキリークスによって暴露されて窮地に立たされています。

 こうした世界の流れを見ていると、どうも近々、あるいはすでに悪いことをしたものは罰を受けるという当たり前の世の中に近づきつつあることが感じられるのです。

 確かに罰金は痛いですが、それはむしろ積極的に受け入れるべきなのです。わたしは駐車違反だから罰金で済んだ。けれども、もっと悪いことをしている連中は? 彼らは朴槿恵やヒラリーのような末路をたどるでしょう。それはとてもすばらしいことです。

 もう一つ、間違った道を選んだものは堂々巡りをして遠回りすることになる、ということも学ぶことができました。右に行くところを左に言ったせいで、その後大変な遠回りをすることになりました。最初に選んだものを貫き通すことが重要で、特別理由がない限り途中で変えてはいけないのです。いまのまま進みましょう。ただし、悪いところがあったら、そこは直しましょう。直さないものたちは裁かれるでしょう。マスコミの茶番劇も不正もそろそろ終わりにしてもらいたいものです。

 いま、わたしはプラトンの『国家』を読んでいて、正義の実現について思いを巡らせているところですが、いまこそ、先人たちの言葉に耳を傾けるべき時が来ているのだと思います。

 白紙領収書を認めながらやめない愚か者の野田佳彦ほか(蓮舫、細野、長妻、前原、枝野、安住)がいますが、あのバカどももいずれ引きずりおろされるでしょう。

【辞めろ】「俺は辞めん」民進党・野田幹事長が「白紙領収書」の受け取り認める。

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/23746


 同じく白紙領収書の高市総務大臣、稲田防衛大臣、菅官房長官、そして官房機密費でおいしいご飯を食べているあの腐った連中にもいずれ罪に応じた罰が下るでしょう。

 そしてなによりも、相続税を3億円脱税したのをごまかすために腹痛を起こして一度辞任したあと復帰し、ガソリン代を領収書に記入し、安保法制、TPPを強行採決しながら、「結党以来一度も強行採決しようと考えたことがない」などと、史上最も多くの嘘をついた総理大臣とその政権には大いなる罰が下ることはすでに決まったようなものです。


本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑(全文保存)

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/1134.html

これこそ不可解…安倍首相のガソリン代は「地球13周分」

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178752/4

 それが起こるという証拠はまだ日本では現れていませんが、わたしのもとにまずやってきました。わたしはわたしの罪を償うつもりです。わたしはこの程度で済みましたが、彼らの罪を神様はこれまで長らくあえて放置してきました。それは、彼らが罪を犯すたびに罰を与えていたらきりがないと思ったからでしょう。むしろあえて彼らの悪を野放しにしておいて、「悪いことをやってもばれなきゃいいんだ」と思い込ませておいてから、これまでの罰をまとめて与えるつもりなのでしょう。今日の罰金はそれが確実に起こることの何よりの証拠なのです。彼らに与えられるべき罰はすでに準備されています。それがなんであるかは神のみぞ知ることです。

 ああ、なんとすばらしい日でしょう。今日、わたしはとても幸せな気持ちです。

 間もなく悪が滅び、善が実現する日が来る、わたしはそのような信仰を抱いています。わたしは別に特定の宗教を信じているわけではありませんが、こうした信仰を抱くことはいまの腐った世界ではごく当然のことです。わたしたちはこの当然のことさえ信じられずにいました。甘利明のあっせん利得は不起訴処分になり、自民党の閣僚不祥事はすべてマスコミによってごまかされる。

 では、特権階級だけは例外なのでしょうか? そんなことはありません。アメリカ大統領候補のヒラリーすらFBIが調べているというのに、腐敗の権化である自民党、アメリカに従属している自民党政権がこれからさきずっと安泰なわけがないじゃないですか。裁きの日は近い、わたしは確信しています。

 まずドナルド・トランプ大統領が誕生して、日米関係が狂い始めて、日露関係はうまくいかず、外交で八方ふさがりになります。そこで罪が洗い流されるべき時が訪れる。その時、安倍政権は一挙に、そして完全に崩壊するでしょう。自民党も公明党もまとめて吹き飛ばされます。小池百合子にも相応の罰が下るでしょう。あの女の金使いは、舛添とは比較になりませんからね。


小池百合子氏に数々の「政治とカネ」の疑惑報道 政治資金の公私混同を否定

https://news.nifty.com/article/domestic/society/postseven-428658/

・小池百合子氏が東京都知事選に出馬の意思を示すと、「政治とカネ」の疑惑が噴出した

・格安事務所家賃、などの数々の問題があり、小池氏は政治資金の公私混同を否定した

・また、「批判、悪意に満ちたネガティブキャンペーンには負けません」と反論した

……引用終わり

 上の記事は概要しか残っていません。都合悪いので消されたようです。ほかのリンクをつけておきます。


小池百合子氏の政治資金 使い道はあの“号泣県議”ソックリ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186204


 小池がまっ黒なのに、それが表に出ていないのには宗教団体が関係しているようです。ちょうど、韓国の朴槿恵と同じですね(笑)。


全てが仕組まれていた! 安倍・小池・そして背後の組織

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12215080385.html

開塾式が行われた場所、つまり帝京平成大学キャンパス

で行われたのですが、ここはバックが創価学会ということで

有名なところです。

それを裏付けるかのように都知事選では公明党が応援しました。

知事選で公明党が支持

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185776/2

また小池知事の復興五輪・宮城開催も公明党が歓迎しています。

公明党、復興五輪・宮城開催を歓迎

http://www.ud-web.info/archives/926015

さらには都知事選で小池百合子を応援したアルピニスト野口健

も創価学会ですね。

聖教新聞・富士山から日本を変える 野口健

http://blog.goo.ne.jp/ymonet2005/e/053fa0cb49588e73b4c1edc11c379bfe

この公明党の協力の下で票を集めるあたりも橋下徹にそっくり。

しかし、それだけじゃありません。

信者数では創価学会を上回る幸福の科学が小池百合子にかなり

力を入れています。

小池百合子 実力の秘密

著者 大川隆法

発刊元 幸福の科学出版

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1724

まあ数年前から小池と幸福実現党はwinwinの関係でしたけどね。

……引用終わり


 わたしはこれまであえて最悪のシナリオを、悪の想定がすべてうまくいくシナリオを予想してきましたが、それが現実に起こることはないでしょう。すべて破綻します。なぜなら、裁きは必ず起こるからです。

 その日が来てからではもう遅いのです。もしあなたがいま悪に手を染めているなら、罪が小さいうちに罰を受けて反省してください。そうしておけば、来る日にあなたは勝利する側、喜びに浸る側に立つことができるでしょう。

 とはいえ、いまから神を信じる必要は全くありません。「悪いことをしたら罰を受ける当たり前の世界がやってきた」、その準備をするべきだというだけのことです。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000