やはり北方領土ゼロ回答…どころか日本に帰属権がないことを確定させてしまう安倍政権。解散なんてするのか?

北方領土献上も同然 ロシア報道が伝えた安倍首相の裏切り

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/195962

 これでは「進展」どころか、大きな「敗北」だ。安倍首相は15日夜の日ロ首脳会談後の会見で、北方4島での共同経済活動についても「率直かつ突っ込んだ議論を行うことができた」と胸を張ったが、気がかりなのは会談終了直後に、すぐさま配信されたロシア国営「タス通信」の報道だ。

 小人数の会談に出席したロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)のコメントとして、「両首脳は北方領土での共同経済活動の協議開始に向けた共同声明の内容で合意した」と伝えた。

 問題は具体的な合意の中身で、ウシャコフ補佐官が「共同経済活動はロシアの法律だけに基づいて行われる」と強調したことだ。

■「自国の法律の下で」

 安倍首相はプーチンに北方領土を献上したも同然である。ロシアの法律の下での活動合意は「不法占拠された北方領土の主権回復」という原則が崩れ、ロシアの主権を認めることに他ならないからだ。

そのため、以前からロシア側に信頼醸成に有効だと共同経済活動を提案されても、日本政府は突っぱねてきた。今回の会談前も「わが国の(固有の領土という)法的立場を害さないことが前提条件だ」(菅官房長官)と警戒していたはずだ。

 「返還交渉が1ミリも動かず、主権を認める形で共同経済活動に合意すれば、安倍首相は散々北方領土に肩入れして、日本に帰属権がないことを確定させることになります」(元外交官の天木直人氏)

 まさか、こんな形で安倍首相は「私の世代で終止符を打つ」のか……。

……転載終わり


 マスコミはなんとかごまかそうとしていますが、控えめに言って今回の会談で日本側が得たものはほぼない(一部企業の経済進出ぐらい)ことは明らかですね。

 北方領土がゼロ回答で経済協力で金だけむしり取られることに日本国民もさすがにお怒りのようですが(マスコミは安倍がテレビに出て必死に言い訳していますが、この見苦しさは安保法制を説明しようとして出てきた時を思い出します)、しかしよくよく考えてみるとこれまで安倍は何十兆と海外にばらまいた割には、インドに原発を輸出したくらいしか成果を上げていないような気がします。イギリスの原発には1兆円を支援するみたいですし、武器輸出を解禁しても買ってくれないし、安倍は一体金をばらまいてなにをしているんでしょうね? 外国にとって安倍政権はATM、金をばらまく機械のようなものなのでしょう。

 問題は、ばら撒かれているお金が国民の血税だということです。国内で安倍政権は消費税を増税し、高齢者の年金をカットし、医療費負担も増加させていますが、それが日本国民に戻ってこないのはある意味当たり前と言えます。なぜなら、。

 あまりにも安倍政権のやっていることがひどすぎて、だんだん不安になってきました。本当に解散するでしょうか? 解散して勝つ見込みがあると思っているんでしょうか?

 北方領土のことは年明けですぐに忘れる可能性はありますが、安倍がなにかをやったという記憶は残りません。あの不愉快なたるんだ皮とプーチンへのおべっかを思い出すだけです。

 客観的に見れば、3時間遅れ来たプーチンとたいして会談できず、ロシアが実効支配している北方領土の経済協定を結ぶことは決めたが、その代わりに領土が帰ってくるどころか、日本側はロシアの主権に干渉しないことを認めて、今後返還を訴えることさえできなくなるという考えうる限り最悪の結末といえるでしょう。

 二階も「北方領土解散などなかった」と失態を小さく見せるので精いっぱいのようです。


日ロ首脳会談「国民の大半はがっかり」 自民・二階氏

http://www.asahi.com/articles/ASJDJ632QJDJUTFK01B.html

 国民はみな(北方領土問題が)今度解決するんだと思ったと思う。何の進歩もなくこのまま終わると言うんだったら、いったいあれは何だったんだと。相手国の姿を正しく見る時に、このような結果はあり得べしだ。そうそう甘いもんじゃないと思い知ったことは(日本政府の)参考になるんじゃないか。引き続き攻勢をかけることが大事だ。

 経済問題も大事かも知れないが、人間は経済だけで生きているわけではないんだから、もう少し(領土問題に)真摯(しんし)に向き合ってもらいたい。交渉当事者は頑張ったと思うが、やっぱり、国民の皆さんの大半はがっかりしているということは、我々も含め、心に刻んでおく必要がある。

 「日ロ問題で(衆院)解散、解散」とあおって回ったのは誰か。我々は日ロ問題で、この程度のことで、解散のテーマにはならないと思っていたから、何でもない。

……転載終わり


 これを読むと解散はなくなったようにしか見えません。すると前記事の産経の記事が正しいということになるのでしょうか? 正直、解散予測について、自信が持てなくなりました。あまりにひどすぎて……。こんな状態で解散しようとするとしたら、それは野田佳彦並みの自爆解散になるかもしれません。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000