地震前兆~全国的にラドン濃度が上昇中。市川はここ1年で最高値を記録~

 記念すべき今年最初の地震は有明海M3.6でした。そして2日に有感地震の数がわずか2回となり、3日にはM4クラスの地震が連発する形になっています。

岩手県沖M4.4

三重県南東沖M4.8

青森県東方沖M4.3

種子島近海M4.5

宮城県沖M4.2、4.0

 このように、東北を中心に1日で6度ものM4クラスの有感地震が起きています。


 地震前兆に関して気になる動きがあります。いま、各地のラドン濃度を見てみると非常に高くなっているのです。

 昨年末の31日に奈良中部観測点で、2016年最高となる49を記録しました。

 そして、市川でも昨年12月半ばからラドン濃度は上昇を続けて、ここ1年で最高となる92を記録しました。

 広島では10月28日に100をつけてから、上がったり下がったりしています。

 加えて、4日の昼ごろに行徳の千葉香取観測点で平均で500越え(赤い線)の数字を記録しています。これも大きな地震の前に記録されるものです。

 このように、全国的にラドン濃度が上昇するなど大きな地震の前兆とみられるものが起きています。地震が起きるとしたら、上昇が下落に転じたころですから、今後も注意していきたいと思います。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000