森友学園問題の核心と問題の行く先

 森友学園問題はますます複雑さを増し、あったなかったの水掛け論の様相を呈していますが、そう遠くないうちに問題は決着するでしょう。野党が追及の角度を変えればいいのです。わたしにはすでに、この問題をどういう形で政治的に決着させればいいかわかっています。今回は、そのことを書こうと思います。


・100万円を寄付したかどうかこそ問題の肝

 安倍晋三が安倍晋三記念小学校に100万円の寄付をしたことを野党が追及している点について、8億から問題を矮小化しているという意見が出ていますが、わたしはまったく逆だと思います。

 真実を明らかにするためには、正攻法だけではわからないことがあります。真実を明らかにするためには、それが深い闇の中にあるような場合には、その闇の中心に誰がいるのかを明らかにすることが重要なのです。この問題はその典型です。

 森友学園問題の根本は、ややこしい事実関係ではなく、官僚や松井府知事が誰に忖度したのかということにあります。忖度が具体的にどのようにして行われたかという事実関係は必ずしも重要ではありません。官僚が忖度したことはすでに明らかであり、官僚が真実を証言するはずがないのです。

 私に言わせれば、安倍明恵と安倍晋三、そして籠池が受け取った100万円の寄付を郵便局で振り込んだ人物の3人を嘘をついたら偽証罪に問われる国会に証人喚問しさえすれば、森友学園問題のもやもやした構図は完全に解明されるでしょう。

 安倍夫妻はどうせ嘘をつくでしょうが、郵便局で振り込んだ人物を証人として呼べば、言い逃れできないでしょう。安倍夫妻の関与が明らかになれば、官僚も松井府知事も安倍夫妻に忖度したということになり、すんなり証言してくれるかもしれません。

 安倍晋三が安倍晋三記念小学校に100万円の寄付をしたかどうかということは2つの点から重要です。海外メディアは森友学園問題について、総理が関与しているかどうかという点と、この問題に関して安倍と日本会議との関係に注目しています。このことからわかるのは、少なくとも海外メディアは、この問題が安倍政権の今後、日本の政治を揺るがすスキャンダルとして認識しているということです。海外メディアは、日本の閉鎖的な記者クラブのえせジャーナリズムとは根本的に違い、問題の本質を理解しているように見えます。

 この問題の核心は、塚本幼稚園のような極右思想の小学校を作ろうとしたということであり、それを総理大臣およびその夫人と、安倍政権を支持している日本会議の連中が共謀して、前例やルールを無視して押し進めたという点にあります。この点が明らかにならない限り、森友学園問題の全貌はまったく見えてきません。

 そして、この核心を明らかにするためには、安倍晋三がこの小学校に100万円を寄付したということ(籠池が嘘をついたら偽証罪に問われる証人喚問の場で語っていることから、安倍明恵が同じ条件で証人喚問に立たない限り、籠池が事実を語っていると推測するべきです)が解明する必要があります。

 安倍政権はこれまでも憲法を無視して集団的自衛権の行使容認を閣議決定して戦争法を成立させるなど、自分のするべきことのために法律を無視してやりたい放題やってきました。森友学園問題でなぜ官僚が前例を無視して、森友学園のために多大なリスクを負ってまで忖度をしましたが、なぜそんなことになったのかがよくわかっていません。それを理解するためには、森友学園問題の強引なやり方がこれまでの安倍政権の強引さを思わせる、両者には共通点がありそうだという推測です。

 「森友学園についても安倍夫妻は戦争法を強行採決したときと同じように強引にやったのではないか、そして安倍政権と蜜月だった維新や、政権に逆らえない官僚たちはそれに忖度せざるを得なかったのだ」そう考えたとき、ようやく森友学園問題の構図と真実が明らかになるでしょう。

 安倍夫妻がこの問題に関わっていることが確定すれば、森友学園問題の構図は一気に明らかになります。安倍は、集団的自衛権の行使を閣議決定して戦争法を強行したように、森友学園の問題でも前例やルールを無視して、官僚に強力な圧力をかけて忖度させた。官僚や松井知事が具体的にどう忖度したかは些細な問題です。「安倍夫妻が望んでいたので、忖度しました」の一言で終わりです。

 それを認めると同時に、安倍政権は崩壊することになるでしょう。

 このように、100万円寄付問題は枝葉の問題ではないし、安倍政権が続くかどうかにかかわる非常に重要な問題なのです。ここまでの文章を読んでもなお、100万円の寄付が大したことないと思う人がいるのだとしたら、それはこの問題の本質を理解していないからです。


・森友学園問題の政治的文脈

 森友学園問題の本質は、安倍政権と日本会議の危険な思想を、安倍政権の権力を使って日本全体に広げ、国民が戦争に賛成するように地道に世論形成を行おうとしているという彼らの運動を理解しなければ理解できません。

 安倍夫妻は、戦争のできる国を作るために、日本会議の人々とともに(一部の人々はその目的に利用されて)、愛国の学校を作り、最終的にはそれを全国に広めて、幼いころから教育勅語を暗唱してお国のために戦争するのは当然だとマインドコントロールしようと考えたのです。

 洗脳するには小さいうちがいい、だから、彼らはまず塚本幼稚園を作り、次に安倍晋三記念小学校を設立しようとしました。順序にもちゃんと意味があるのです。安倍晋三記念小学校の設立は危なくうまくいってしまうところだったのですが、良識ある人々の力によって挫折に追い込むことができた、というのがいまの状況なのです。

 森友学園は日本会議が目指す「お国のために戦争することに抵抗を持たない子どもたち」を育てるための最初のモデルケースとして相当力を入れていたと思われます。森友学園は、安倍政権の押し進める戦争のできる国を実現するための計画の重要な1ピースであり、だからこそ安倍夫妻は安倍晋三記念小学校設立のためにあれだけの前例ルール無視の忖度までさせて強行したのです。安倍政権にはそれをやろうとする状況証拠と、十分な理由があります。

 この流れが理解できれば、政治家であるはずの安倍晋三が安倍晋三記念小学校に対して100万円の寄付を行う理由に納得のいく理由を見つけることができます。安倍夫妻は、安倍政権が目指す戦争のできる国を実現するためにお金が必要だと考えたから、寄付を行ったのです。あのケチの安倍晋三がわざわざ100万円を寄付するというあり得ないことが起きたのは、これこそ安倍晋三がやりたい戦争のできる国造りの基礎であり、絶対につぶしたくないという強い思いがあったからとしか考えられません。逆に聞きますが、それ以外に安倍が寄付する理由なんてあるでしょうか? 総理大臣にまで上り詰めた人物が1学校に寄付するのは、その学校こそ安倍が目指していた教育理念を体現していると安倍が確信していたから以外にほかにどういう理由があるというのでしょう?

 安倍は安倍晋三記念小学校を作ることでお金を設けようとしたわけではありません。まず、このことを理解しておく必要があります。安倍は、自分の政治的信条、戦争のできる国にするために安倍晋三記念小学校を自分の権力を使えるだけ使って、官僚を忖度させてまでそれを実現させたかった。

 前回の記事でも書いたように、森友学園問題の本質は政治家の金もうけではなく、思想信条の問題です。それと同時に、この国の未来についての問題でもあります。

 安倍政権が戦争のできる国を目指していることは2015年夏の戦争法強行採決の時点ですでに明らかになっています。安倍には、森友学園、安倍晋三記念小学校を設立する状況、そして思想的にも十分な理由があります。

 安倍と日本会議の事情を理解した後であれば、むしろ、この学園の設立に安倍が深く関わっていないと考える方がおかしい、納得がいかないと思えるでしょう。そして、安倍が100万円寄付したのも間違いなく事実だと国民は確信します。籠池の言った通り、事実は小説より奇なりということです。

 森友学園を初期の時点でつぶしておくことは、安倍政権の押し進める、戦争する日本、お国のために戦争で死ぬことに抵抗しない兵士たちを育てる計画を頓挫させ、最終的に破たんに追いやるための重要な第一歩なのです。

 ただし、いま批判している人たちはこうした背景をちゃんと理解したうえで批判しているようには見えません。野党がこの構図を理解すれば、安倍政権を追い込めるだけでなく、政権交代まで進められることまで理解できるはずなのですが、彼らは相変わらずアリが地面を歩くような視点しか持っていないので、いまが大チャンスだということを本当の意味で理解できていないのです。

 もし森友学園が成功していれば、森友学園のような私立幼稚園および学校が全国に作られるようになり、公立学校でも、第1次安倍政権の時代に行われた道徳の教科化と合わせて、最終的には義務教育課程に愛国教育が盛り込まれて、公立も私立も日本の学校が総森友学園化していたでしょう。

 わたしたちは本当に危ないところにいたのです。本当にギリギリだったのです。しかし、森友学園問題がこれだけ騒がれて、認可も下りなかったおかげで、少なくとも森友学園がモデルケースとなり、全国に森友学園が母体となる愛国私立学校が続々と設立されて、公教育でさえも愛国的洗脳が行われるという最悪の事態は避けられました。

 わたしの計算では、野党は、最終的にこの真実を暴露することで、安倍政権とともに、安倍総統の、安倍総統による、安倍総統のための戦争のできる国を破たんに追い込むところまで物事を前に進めることができるはずです。


・籠池という人物について

 籠池にはもともとそんなつもりはありませんでした。しかし、いまの籠池は本気です。

 籠池は自分がこれまで進めてきた計画が破たんしていることを理解し、それを本気で終わらせる覚悟を決めているのだと思います。

 籠池を転向させたのは、別に思想的な理由ではありません。籠池はいまでも愛国教育を誇りに思っているでしょう。しかし、それを押し進める連中は果たして正しいのか、籠池はそう考えたのだと思います。裏切りの最大の理由は、日本会議は義理人情あふれるやくざドラマのように、子分のために親分が血を流したり、かばったりすることもしない、偽物の保守であることを一連の経緯から籠池が確信したからだと思います。

 籠池はたぶん割とまともな保守思想の持ち主だったのでしょう。日本会議と言っても、別にすべての人が同じ思想を持っているわけではなく、思想的には雑多な勢力の集まりです。まともな保守もいれば、愛国を語って詐欺を働くえせ保守もいます。日本会議の上の連中はほとんどがえせ保守です。籠池はそのことに気づいて、あえて野党側について告発することを決めたのです。

 こうした籠池の真意を理解せずに、籠池を嘘つきだとののしる安倍の寿司友連中を見ていると吐き気がします。特に朝日とTBSのひどさは目を覆いたくなるほどです。彼らは官房機密費から出された美食と酒に舌鼓を打ち、その汚らわしい舌で国民を騙している、一体この国のどこにまともな人間がいるのでしょう? 

 少なくとも籠池はその1人でしょうし、『日本会議の研究』を書いた菅野氏もその1人です。右も左も、保守も革新も、いまの世界ではたいして意味のない区分です。いまわたしたちが持つべき分別は、まともな人とそうでない人、あるいは自分の信念に従い真実を語る人と、目先のにんじんにつられて嘘をつく人を区別することです。

 日本国民がその能力を身に着ければ、間もなくこの国から最悪の勢力は駆逐されるでしょう。わたしはいまの状況は千載一遇のチャンスだと思っています。そうした認識をみなさんと共有できればわたしもうれしいです。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000