最近わたしの周りでヤタら鳴くカラスと天変地異の予感

 最近わたしはいわゆるシンクロニティ、偶然の一致について非常に高い関心を持つようになりました。その話をしたいと思います。

 3月の2週目あたりから、わたしの周囲でやたらカラスが鳴いています。あまりにカラスが激しく鳴くので、カラスの声を聴くと憂鬱な気分になり、死にたくなる時期も続きました。それで仕方なく片付けをしていたんですが、カラスがいなくなる気配はありません。

 「か~らあす~なぜ鳴くの~」と歌いたくもなるわけです。

 もう1つ気になるのはカラスの鳴き方です。低いうなり声というんですか、いわゆる「かあかあ」という鳴き方ではなく、威嚇でもしてるんじゃないかっていう鳴き方なんです。しかも、一息でヤタら長く鳴くもので、天変地異の前触れではないかと思っています。

 カラスに関して、1つ奇妙なニュースを見つけました。

新たに死んだカラス20羽、東京

病気の可能性も

https://this.kiji.is/218306863608645112

 東京都練馬区と板橋区にある都立城北中央公園で大量の死んだカラスが見つかった問題で、25日も新たに約20羽のカラスなどが死んでいるのが見つかったことが、警視庁練馬署への取材で分かった。

 練馬署は、24日午後から24時間態勢で周辺を警戒。これまで不審な人物の出入りや毒物などが与えられた形跡は確認していないため、病死の可能性もあるとみて、鳥の胃の内容物を鑑定するなどして原因を調べる。

 城北中央公園では24日午後、公園内や隣接する川など半径約20メートル内で約50羽の死んだカラスが見つかった

……転載終わり


 というわけで、東京都内ではカラスが死んでいるらしいです。もしかしたら、カラスはわたしになにかを訴えているのではないかという気もします。関東での地震前兆に対応する地震もまだ来ていませんし……。

 カラスに限らず、最近は色々な動物の話があります。特に、イルカやクジラの話が多いのですが、アメリカ海軍の大音響ソナー音が原因であるをアメリカ海軍が認めたというニュースです。


イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍が関与していた・・・!

雲渓 14/05/28 AM02

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290690&g=132108

日本の調査捕鯨が槍玉に挙げられていますが、米海軍が生態系そのものに影響を与ている状況は深刻です。

TheMovieHouseより引用です。

リンク

クジラやイルカが集団で海岸に大量座礁するというニュースが定期的に世間をにぎわしている。

この原因は、米軍の潜水艦から発せられる大音響のソナー音にあるのではとかねてから指摘されていたが、ついに米海軍はこの事実を認めたそうだ

米海軍の訓練や実験によって、器官に気泡が生じたりするほどの大音響が海に響き渡る。多数のクジラやイルカたちが、方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血が起こる。

米海軍は、事実関係を認めたうえで2014 から2019年の間に行う、アメリカ海洋大気圏局プログラムのための模擬実験で、アメリカの東海岸、メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに生息する海の哺乳動物に及ぼす影響を試算した環境影響研究報告を発表した。

それによると、この模擬実験のせいで、東海岸沖で186頭、ハワイや南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死に、重症を負うものは11267頭、方向感覚を失うなどの異常行動をきたす個体は2000万頭と試算されている

こうした海軍の見積もりに疑問を呈する者もいる。

天然資源保護協議会(NRDC)の政策アナリスト、マイケル・ジャスニーは、それほど頻繁でない騒音でさえ、ヒゲクジラの採餌パターンを混乱させ、その個 体数に悪い影響を与えることがあると指摘し、ソナー(音波探知機)訓練の後、ハワイ沖でおびただしい数のクジラが座礁した例をあげた。

……引用終わり


 これが事実だとすると、最近イルカやクジラのニュースが多かった背後には、日本近海でアメリカ海軍が色々動き回っていたからだろうと推測できるわけです。

 では、アメリカ海軍はいったいなにをやっていたのでしょうか? 日本の警護、は海上保安庁がやるから違うでしょう。アメリカ海軍はそもそも日本を守るために駐留しているわけではありません。

 陰謀論的に考えるならば、アメリカ海軍が人工地震の準備をするために場所を探している、あるいはその仕掛けを設置していると考えることも可能です。クジラやイルカの座礁、出現場所から考えると、鹿児島、新潟、東京湾あたりでしょうか? ほかにも候補地はありそうです。

 人工地震について、技術はすでに確立されているはずです。ただし、私個人としては東日本大震災がそうだという確証を持っているわけでもありません。


・神道、呪術、ヤタガラス、熊野神社、安倍晴明

 29日に、ブックオフでセールをやっていたので色々回っていたんですが、神道や呪術、陰陽師に関する本がやたら目に入って買ってしまいました。まあ、いまこれらの分野は影のブームなので、勉強するに越したことはないと思っています。ひょっとしたら、カラスは誰かさんがわたしに向けた式神なのかもしれません(笑)。なぜか安倍晴明のことも最近気になるので、調べているところです。

 わたしのところに来るヤタらよくなくカラスが式神だとすると、式神を送っているのはあの人たちでしょうか? わたしが気に入られているのか、嫌われているのか、それはわかりませんが、カラスに付きまとわれているのはあまりいい気分ではありません。

 熊野神社という単語が読む本にやたら出てくるの困っています。ラッキーデタラメ放送局をみていたら、また熊野神社や八咫烏という単語が出てきました。


らっきーデタラメ放送局★第231回『いつもの料理ショー!スキャンダル』

https://www.youtube.com/watch?v=-urWC8i8i70

 ヤタガラスは次のような神話上の生物です。サッカーのJリーグのマークもヤタガラスだったはずです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F

 八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス(烏)[1]。一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている[1]。

 八咫烏は、日本神話において、神武天皇を大和の橿原まで案内したとされており、導きの神として信仰されている[2]。また、太陽の化身ともされる[3]。

 熊野三山においてカラスはミサキ神(死霊が鎮められたもの。神使)とされており、八咫烏は熊野大神(素盞鳴尊)に仕える存在として信仰されており[2]、熊野のシンボルともされる[4]。近世以前によく起請文として使われていた熊野の牛玉宝印(ごおうほういん)にはカラスが描かれている[3]。

……引用終わり


 ヤタガラスは神武天皇、現在の学説では実在しないとされている初代天皇を導いた存在とされています。神武天皇を天下らせたのは皇祖神であるアマテラスなので、ヤタガラスを太陽の化身としているのは納得のいく話です。

 いまの状況の背後には天皇、そして天皇を支えるヤタガラスの一族がいる、そう考えた方が自然ですが、問題はどうかかわっているのか、なにが狙いなのかがよくわからないというところでしょう。そこがわからないと、結局なにもわかったことにならないのでは? と思います。わたしもまだまだ勉強不足のようです。

 結局、わたしの周りでカラスがヤタら鳴いているのかわからないままですが、買った本を読みながら考えてみたいと思います。

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000