今年に入ってからM6クラス地震0個の不気味さ

 最近はブログの管理画面に入るのに手間取って、毎日記事を書くのがおっくうに感じ始めています。そこで最近はまとめて更新しているわけです。今回は更新忘れも入れて、1度に4つもまとめて記事を更新することになりました。色々あったのでもう少し早く更新したらよかったとは思っています。

 4つ目、最後の更新記事は、地震についてです。

 今年に入ってから3カ月、まだM6クラス地震が発生していません。この時期までM6クラスの地震が来なかったのは気象庁のデーターベースによると21世紀に入ってからだと2004年以来3回目です。

 震度4以上の有感地震の数は平年とあまり変わらないので、地震はそこそこ起きているわけですが、規模で見ると小さな地震しかきていないのです。これを嵐の前触れと考えるか、このまま続いていくだろうと考えるかは人によるでしょう。

 今週に入って、地下の動きも急にあわただしくなり始めました。九州南部のトカラ列島の群発に合わせて諏訪之瀬島でも火山性地震が急増しています。


【トカラ列島】諏訪之瀬島で「火山性地震」が増加、今後は噴火の可能性も

http://jishin-yogen.com/blog-entry-10025.html

 このあたり、とあるサイトによるとM7.6クラスの地震が発生する可能性が指摘されている九州南部なので、心配です。

 他にも、茨城、福島、熊本、新潟など、全国的に地震が増え始めています。

 そのほかの指標を見ると、行徳は少し前までは断絶を繰り返しており、最近はマックスで1600~1800代を記録する頻度が増加していて、不安定な動きです。


 過去2週間の動きはこちらのリンクからどうぞ。

http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERT


 さらに、広島のラドン濃度が過去最高の131を記録しました。これは平均の3倍にあと少しという数字です。

 逆に、奈良中部のラドン濃度は非常に低い数字となっており、市川でもかなり低くなっています。

 現時点で、今度どこに地震が来るかはわかりづらいです。可能性としては前兆が多く見られた九州南部のようにも見えますが……

にんじんスコール注意報

空からにんじんが降ってきてなにかが変わったらいいなと願っているブログ。 ……というのは冗談。 第三次世界大戦に関することや世界統一政府に向かう陰謀シナリオなどを予想したり、時事ネタなどを書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000